須田歯科TOP > ここは(トピックス)ずばり!歯磨きのツボ

自分に合った歯ブラシを選びましょう。

歯や歯ぐきの状態に応じた歯ブラシを選択しないと歯垢がきれいに取れなかったり、歯ぐきを傷つけることがあります。また、いわゆる知覚過敏が、間違った歯ブラシの選択と使用法でおきる場合もあります。

歯磨き粉はごく少量でOK。

歯磨き粉をべったりと毛先につける必要はありません。泡だらけになると途中で口をゆすぎたくなって中断してしまい、歯ミガキの順序がくずれてしまいがちになります。ごく少量でよいと思います。ただしまったくつけないとヤニや茶渋などが沈着しやすくなる可能性があります。

持ち方の基本はシェイクハンド。強さを加減したいときだけペングリップ。

シェイクハンドつまり握手するときのグーの手から親指を伸ばした状態でしっかりと歯ブラシを持ちましょう。左側から右側に移るときは、グーの中で歯ブラシを回転させて毛先の向きを変えましょう。鉛筆を持つ時のペングリップは、右側の歯を磨く時には逆手になり、安定した歯磨きができないためお勧めできません。前歯を弱めに磨きたい時などにはペングリップでもかまいません。

歯磨きの順序を決めましょう。

たとえば左下外側→前歯外側→右下外側→右下内側→前歯内側→左下内側→かみ合わせの面、のように歯磨きの順序を自分なりにしっかりと決めましょう。そうすれば磨き残しを防げますし、効率的に磨けます。

基本は横磨き 必要に応じて縦磨きなど。

歯ブラシの構造を見るとわかりますが、長軸方向に動かすことを前提に作られています。つまり横磨きが一番理にかなっている訳です。だいたい3歯分くらいのストロークでリズミカルに磨いていきましょう。また、前歯の歯並びが重なっているようなケースでは、ピンポイントで縦磨きを入れましょう。

歯ブラシの毛先を特に磨き残しやすい部位に確実にあてましょう。

磨き残しやすい部位とは一般的に、歯のすきまや歯と歯ぐきの境目、歯の内側、奥歯、右ききの人なら左にくらべて右側の歯、などです。個別では医院で歯垢を赤く染め出しますので、磨き残しがどこにあるか確認しておきましょう。

歯間ブラシやデンタルフロス、糸ようじ、小型歯ブラシなどを積極的に使いましょう。

歯ブラシだけでは磨ききれない歯のすきまや重なったところは補助的なグッズを使いましょう。歯間ブラシは歯の間の歯ぐきとの境目に、デンタルフロスや糸ようじは歯と歯が接する部分に有効です。また、ヘッドの小さな小型歯ブラシは小回りが利き、奥歯や前歯の裏側など普通の歯ブラシでは磨きにくいところも簡単に磨けます。

電動歯ブラシや音波歯ブラシなども場合によっては効果的。

もともと手の不自由な方のために開発された電動歯ブラシですが、普通の歯ブラシと併用したり、使い方を間違わなければ便利だと思います。特に超音波歯ブラシは歯科医院で歯石を取る時に使う超音波スケーラーと同じ原理ですので、正しく使えば歯垢を取る能率は高いと思います。

ずばり!歯磨きのツボ

気をつけて歯を磨いてるのに歯ぐきから出血する場合は、歯と歯の間の歯石や磨き残した歯垢が原因かもしれません。また、つめ物やかぶせ物の不適合があり、歯垢が取りきれない状態になっているかもしれません。歯ぐきの検査やレントゲン検査でこれらの原因の特定は容易です。

当院では、患者様一人一人の口の中に応じた歯ブラシの選択や、磨き方などよりきめ細やかなアドバイスをさせていただきます。

  • 診療内容のご案内 | 院長紹介 | アクセス-当院の場所 | 無料メール・FAX相談 | 自費治療期間・料金表 | 歯のリンク集 | ブログ
  • 一般歯科 | インプラント | 審美歯科-オールセラミック | ファイバーコア | メタルボンド | ハイブリッドレジン | ホームホワイトニング
  • バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー) | マグネット入れ歯 | 金属床義歯 | 小児歯科 | 予防歯科 | PMTC | このサイトについて | サイトマップ
  • Copy Right 須田歯科 Sudashika Since2007  大阪府大阪市東成区中道1-8-15金井ビル2F  TEL 06-6973-7064